未来のよりよい治療を考える研究グループです。全国に約40の研究施設が参加する小児肉腫研究グループ

ユーイング肉腫とは

ユーイング肉腫 は放射線感受性が高い腫瘍で、歴史的には局所治療として放射線治療が第1選択とされていました。しかし、放射線治療単独では手術もしくは手術と放射線を組み合わせた治療に比べて局所再発率が高いという報告がなされるようになり、近年では積極的に外科的な腫瘍切除が行われるようになりました。

切除時には、腫瘍からある程度の厚さの正常組織を介した、適切な切除縁での切除が理想とされています。体幹部発生の巨大腫瘍や頭頚部原発腫瘍などを除いては、可能な限り外科的切除を行い、切除縁や組織学的奏効割合に応じて最適な放射線治療を行うのが標準的な局所コントロール方針です・・・

ユーイング肉腫とは